You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

新潟県見附市の歴史を勉強してみようと

見附市あたりを走っていて時々見かける史跡案内、止まってみる時間
も無いので市役所にメールで確認したら2010年に発行した物が
有るとの事でこちら見附伝承館にお邪魔

見附伝承館150203
時間は15時頃でしたが混んで居るなんて事は無く貸し切り状態。
建物に入ると職員さんが待ってましたみたいな感じでお出迎え、
無料の施設なので中を見学し、過去に発行された歴史関係の
冊子も確認し、最後に教えて貰った本を購入し帰宅。

見附文化財散歩150203

これが購入した本、写真で無く案内が挿絵、柔らかいタッチが素敵です。
読んでみてビックリ、家の近所に力士が居た事、色んな所にお城のあった事、
文化人が多い事、様々な知らない事がたくさん載ってます。
暖かくなったらカブで見学ツーリングに行こうと思ってます。

スポンサーサイト
スポンサーサイト

ウルトラマン創世記展「新津美術館」

ウルトラマン展120407a
前売りを買って待っていたウルトラマン創世記展、本日より始まりました。
仕事が速く終わる今日、ナイスなタイミング、到着は15時30分頃で、閉館が17時なので
割かしゆっくり見れたし、時間が少し遅い為思ったより空いてました。

こんな展示には必ず撮影スペースがあり、こんな奴ら待っていてくれました。

ウルトラマン展120407c

ウルトラマン、テレビで見るとそんなに小さくないんだけど、実際の着ぐるみは
背が低く、その当時の平均的な男性身長なのだろうと思い見てきたけど「ちっちゃい」です。

ウルトラマン展120407f

ウルトラマンシリーズではやっぱセブン、カッコ良い!!大好きです。

ウルトラマン展120407e

これが入り口の最後の撮影可能スペース、ウルトラQ時代のカネゴンがお迎えです。

ウルトラマンパンフ120408a

これはパンフの表面

ウルトラマンパンフ120408b

これは裏面

ウルトラマンパンフ120408d

ウルトラマンパンフ120408c

このパンフだけでもお宝?をゲットしたような気分になります。

展示の内容ですが、ウルトラQからウルトラマン、セブン、帰ってきたウルトラマンまで
はかなり経費を掛けキチンと製作された小道具や飛行機だったけど、若干ブームの翳った
時期の物は何か???と言う感じの物もありました。

展示されていた各隊員の服やヘルメット、通信装置、見れば見るほどその時のカッコ良さ
やドキドキが蘇りました。

マニア必見です。

詳しくは新津美術館のホームページをご覧下さい。

http://www.city.niigata.jp/info/naf/exhibitions/exhibitions10/

ウルトラマン創世紀展~ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ~

ウルトラマンチケット120404

テレビCMで見て家から近い事もあり行く事にしました。
子供の頃怖い物見たさで夢中でみたあの感動を大人のいま
見たらどんななのか今から楽しみです。

期間は 平成24年4月14日(土)~6月24日(日)
新津美術館で開催。

写真は知人繁盛店から購入の前売り券です。

詳しくは新津美術館のサイトをご覧ください。

動物のいない動物園

20日に久しぶりに友達と会う事になり、勤務先が五泉なので新津美術館
で待ち合わせ、10時に待ち合わせてお互い丁度位に到着。

せっかくなので美術館に入ろうと行ったら閉館日、仕方が無いのですぐ近くの
県立植物園に行く事にしました。

ここでは動物のいない動物園を見ようと入りましたが、平日なので貸切状態。

県立植物園110620c

動物は確かに居ないが変な動物形の置物が何体かお出迎え、首の長い方も
居られましたが、取り立てて感動はなし、て言うかチョット太目の二人には
気温&高湿度が辛く苦戦!!

でも入館料払ったので一通りは見てきましたが・・・・・・

県立植物園110620a

県立植物園110620g

県立植物園110620b

県立植物園110620d

県立植物園110620e

県立植物園110620f

下手な文章よりせっかくなんで花の写真を見てください。
これ全て携帯で撮影です、一枚だけ大きいのがありますが、
これは水滴が奇麗に撮れたので大きめにしてアップしました。

植物園の詳しい内容はこちらのWEBページをご覧下さい

新潟県立植物園


この後村松地域の蕎麦屋さんに食事に行きました。

つづく

燕市産業史料館で鉄工所展を見る

燕の鉄工所展110115a

燕の鉄工所展110115b

新聞記事をみてこの展示の件を知り物好きの血が騒ぎ早速行って見ました。
内容はもっと深く多彩な物かと思ったけれど案外小規模で少し残念。
館内は撮影禁止なので、取りあえずポスターと案内パンフだけ撮影させて
貰いました。
展示は写真と木型が中心で展示室には機械の動作音が流れていて懐かしい
、と言うのも燕に3件親戚があり、3件とも自営で洋食器製造に関わって
居るので、音、動作、役割、みんな判るのでなおの事。

今は少し大変な業界だけどそれぞれのプロが新しい事を始めたり、また
伝統を守り継承したり、頑張っておられます。
頑張れ!!地場産業。

燕市産業資料館の展示関するページはこちらから

燕の産業の歴史はこちらのページに詳しい史料があります
« | HOME |  »